東京大学大学院・総合文化研究科・超域文化科学専攻
文化人類学コース 開講授業 [2019年度]


  • 教員名をクリックすると、担当授業の概要に移動します。
岩本通弥 日常学としての民俗学:近代、文化的実践、日常生活という問題(Sセメスター)

福島真人 テクノロジーの人類学(社会学・科学論)ー文化/社会の中のテクノロジーを考える

箭内匡 (夏学期授業なし)
 
田辺明生 倫理の人類学ー宗教・情動・政治
 
渡邊日日 言語人類学講義
  博士論文ライティングアップ・セミナー
関谷雄一 ノスタルジアと持続的開発
 
津田浩司 (夏学期授業なし)
 
宮地隆廣 公共政策学の基礎

名和克郎 現代社会・文化人類学史再考─1920年代生まれの人類学者達の軌跡から
藏本龍介
組織の人類学
森山工 (夏学期授業なし)

岩本通弥  [研究内容はこちら]

日常学としての民俗学:近代、文化的実践、日常生活という問題(Sセメスター)
 近代、文化的実践、日常生活という問題を、柳田國男『明治大正史世相篇』(講談社学術文庫、1993=1931)を基軸に、小山静子『家庭の生成と女性の国民化』(勁草書房、1999)など、生活改善運動に関する諸論考とを、合わせ読むことで考えていく。柳田『明治大正史世相篇』の最終章は、「生活改善の目標」である。昭和6年という「農業恐慌」の真っ只中に刊行された本書を、歴史的社会的文化的な文脈の中で、再定位させることを目的とする。



 [一覧に戻る]


福島真人  [研究内容はこちら]

テクノロジーの人類学(社会学・科学論)ー文化/社会の中のテクノロジーを考える
 本演習は、テクノロジーと文化・社会の関係について、特に人類学/社会学/STS(科学技術の社会的研究)といった分野で議論されてきた主要な論点について、初歩的な紹介を行なうものである.  現在、テクノロジーは我々の文化、社会のあらゆる領域に影響を与えており、またその内容も、ロケットやダム、ナノ、コミュニケーションメディアと様々である.また人の身体、生命にかかわる技術、たとえば遺伝子操作や薬の合成、さらに心理的操作もここでいうテクノロジーにはいる.
 他方、テクノロジーと文化・社会の関係は、一筋縄ではいかない.テクノロジーとは、単に科学的知識がモノの形をとったものではない.スペースシャトル、インターネット、創薬といった様々なテクノロジーは、社会的、文化的要請と科学技術の複雑な融合体である. 
 こうした多様なテクノロジーの発展過程については、すでに多くの研究がある.たとえばテクノロジーは、特定の意図をもって誕生するが、時間がたつにつれ、初期の目的とは違う方向へと変化する場合も多く、「ユーザー」の文化・社会がその進化に大きな影響を与えている.またユーザーのテクノロジー経験(さらに依存症)といった問題が近年関心を呼んでいる.またテクノロジー全体は、進化や生態系に似ているが、その相互の関係は、単純な勝ち負けではなく、共存する場合もすくなくない(紙やラジオ). またテクノロジーが誕生する時、しばしば熱狂(ハイプ)がみられるが、時間を追うごとに、失望に転化することもある(近年のAIブーム?).
 本演習では、こうした様々なトピックの中から代表的ないくつかのテーマを取り上げ、演習形式で授業をおこなう.
 この演習の目体は、こうした超データ化社会におけるデータやエビデンスという考えがもつ、文化社会的な特性、そしてそれが与える影響を、できるだけ多方面から議論しようとするものである.特にここでは、人類学、社会学的な観点を中心に、われわれの日常生活そのものに直接関係しうる問題で、近年ホットなテーマをいくつか取り上げて、その複雑な諸相を読み解く.

 [一覧に戻る]


箭内匡 [研究内容はこちら]


(夏学期授業なし)


[一覧に戻る]


田辺明生  [研究内容はこちら]

倫理の人類学ー宗教・情動・政治
人類学の「倫理的転回」が語られるなど、近年の文化人類学においては「倫理」(ethics, morality)が中心的なトピックの一つとなっている。本授業では、文化人類学において倫理やモラルの問題がどのように論じられてきたのかを概観すると同時に、特に現在の人類学における「倫理」をめぐる問いを主要な理論的著作と民族誌を参照しながら論じていく。倫理の問いは、宗教、情動、政治といった広い問題と不可避的に関わっている。倫理の問題を軸としつつ、現代世界および現代人類学を問い直すことを試みる。言語人類学講義


 [一覧に戻る


渡邊日日  [研究内容はこちら]

言語人類学講義
 どれほど「身体」や「モノ」などが論じられようとも、人間の様々な営みにおいて言語コミュニケーションが果たしている役割の大きさ、また、民族誌的フィールドワークにおいて言語を用いての調査が持つ重要性は、否定しようもない。人がそれでもって社会を作り、傷つき、力を与えられるところの言語・ことばについて、文化人類学・言語人類学の観点から講義する。具体的には、言語と思考/リテラシー/階級/ジェンダー/人種/エスニシティ/多言語状況/行為遂行性(パフォーマティヴィティ)/言語の死と活性化事故研究/医療などを扱う。目標は、言語・ことばの残酷さを敏感になりながら冷静な視線を取り戻すこと、これである。

博士論文ライティングアップ・セミナー
 原則として、民族誌の形をとった博士論文を執筆している文化人類学コース博士課程の院生を対象としたゼミ。フィールドワークを終えてからどのようにして、〈まとまりのある文の塊〉を形作っていくか、幾つかの事例を読み解きつつ、〈実践〉を行い、参加者同士で共有し、そしてさらなる次の〈実践〉へとつなげていきたい。受講希望者は事前にメールを送ること。具体的にどう行っていくかから受講者と話をすることから始めたい。  

 [一覧に戻る


関谷雄一  [研究内容はこちら]

ノスタルジアと持続的開発
 開発と文化の問題群を議論する領域において、「ノスタルジア」という言葉で意識され語られている事柄は、かなり重要な要素と機能を包含している。近代においては急速な技術革新とともに失われていく伝統的な技術や生活スタイルはノスタルジアとともに捉えられてきた。19世紀末以降、人類学者たちが未開世界に調査に出かけていき発見してきた異文化の事象も、急速な文明化により忘れられた素朴な人間と自然との関わり合いへのノスタルジーとともに紹介されてきた。
 グローバル化とともに加速される社会文化的変容の中で、ノスタルジア概念とともに捉えられる人間と自然の関わり合いは、過去を振り返るベクトルだけでなく、現在の事象そして未来への希望をも照らしうる鍵概念としての役割を果たしていることが指摘され始めており、持続的開発という課題とも重要な接点を持っていることも分かり始めてきた。本講座ではこのような、開発と文化の問題群におけるノスタルジアについて、文化人類学の研究潮流に軸足を置きながら考察をしていく。


 [一覧に戻る


津田浩司 [研究内容はこちら]


   (夏学期授業なし)


[一覧に戻る]


宮地隆廣 [研究内容はこちら]

公共政策学の基礎
 公共政策学は政策の形成、導入、効果について、とりわけ因果関係に強い関心を向けて分析をする学問である。その基礎的な文献を読むことを通じて、政策を批判的に検討する考え方を養うことがこの授業の目的である。なお、この授業は月曜3限「科学認識論I」と連関を持つ。


 [一覧に戻る]


名和克郎  [研究内容はこちら]

現代社会・文化人類学史再考─1920年代生まれの人類学者達の軌跡から
 第二次世界大戦後、北米文化人類学では現在まで続く幾つかの学問潮流が新たに生まれ、イギリス社会人類学はゆるやかにその方向性を変え、日本では「文化人類学」「社会人類学」が改めて導入された。こうした展開を中心的に担ったのは、第二次大戦のすぐ後に研究者への道を選んだ研究者達であった。ここでは、ほぼ同じ時代を共有し、現在も読み継がれているこの世代の社会・文化人類学者の多様な軌跡を、実際のテクストを参照しつつ具体的に辿ることで、諸理論の概観に終始しがちな学説史の知識を顔の見えるものにすると共に、現在我々がそこから何を学びうるかを、改めて考えていきたい。


[一覧に戻る]


藏本龍介 [研究内容はこちら]

組織の人類学
 組織とは、共通の目的を達成するために協働する複数の人間の集まりを指す。人間が一人でできることは限られる。しかし他人と協働することによってその限界を克服することができる。それゆえに歴史上、組織は人間生活に欠かせない一要素となってきた。それは現代社会においても同様である。それどころか、現代社会における人間の生き方は、多種多様な組織がなければ成立しえない。現代社会が組織社会と呼ばれる所以である。したがって組織なるものの特徴、ダイナミズムを理解することが、人類学においても重要な課題となっている。
 そこで本授業では、諸文献の購読を通じて「組織とはなにか」「組織をどのように分析できるか」という問題を検討することを目的としている。具体的には、社会学や経営学といった隣接社会科学を含む組織論・制度論や、組織を対象とした民族誌(企業、NGO、学校、宗教組織など)を取り扱う。受講者からの文献の提案も歓迎する。

 [一覧に戻る]


森山工     [研究内容はこちら]

贈与することと譲渡できないもの
 マルセル・モースがその「贈与論」において論じたように、贈与は社会的存在としての人間の存在論的基底に存する事象である。その一方で、人間の社会性のなかには、決して他者に贈与できないもの、他者に譲渡できないものがある。贈与が他者への〈開かれ〉と相即的であり、他者とのつながりをもたらすものであるとするなら、譲渡できないものは自己の存立なり自立なりと深くかかわっている。本授業では文化人類学の立場に立ちつつ、社会的存在としての人間にとって贈与がもつ根源的意味について確認した上で、譲渡できないものがどのような社会的な現れをとるのかについて、ニューギニアのバルヤ社会においてモーリス・ゴドリエが観察した事例を検討する。それを通じて、社会の自立性と共同性について考察を施すことが本授業の目標である。

  [一覧に戻る]




Homeに戻る