【重要】大学院入試の募集要項等改訂版が公表されました(10/30)

2020/10/30 17:25 に 東京大学文化人類学研究室 が投稿   [ 2020/10/30 21:47 に Tadashi YANAI さんが更新しました ]
総合文化研究科HPにおいて、昨日、来年1〜2月に行われる大学院入試(修士・博士)についての変更事項が公表されました。選考過程は以下の通りオンラインベースとなり、それに伴って非常に重要な変更がありますので、必ずご覧ください。
※「文系四専攻」のところです。

以下、文化人類学コースにおける変更点の骨子のみをお知らせします。詳細は必ず上記ページにある、①募集要項(改訂版)、②入学試験案内(改訂版)、③提出課題(改訂版)、④出願者情報のオンライン登録について、⑤出願書類提出明細、の5つ(修士、博士別)をダウンロードしてお読みください

1) 例年筆記試験を行っている修士一次試験は、文化人類学コースにおいては、1/8に公表する課題についての解答を1/18(16時)までに作成してオンラインで提出する形となります。
2) 例年対面式で行っている文化人類学コースの入学試験(修士二次、博士二次)はオンラインで実施します(論文等もオンラインでの提出になります)。また、修士二次試験日程は、既に募集要項で発表されていた2月16日に加え、2月17日にも行われる可能性がありますのでご留意ください。
3) 修士課程の出願期間が11/11〜11/17に変更となります。

なお、総合文化研究科のPDFファイルは「文系四専攻」(超域文化科学専攻文化人類学コースを含む)全体に関するものです。専攻・コースによって、選考方法がかなり違っていますので、必ず「文化人類学コース」のところを見てください。