11月22日&23日 福島県相馬郡を訪ねる旅

2014/10/30 17:42 に Yuichi SEKIYA が投稿   [ 2015/02/26 21:02 に webmaster anthronet さんが更新しました ]
スタッフの関谷雄一です。

去る11月22日&23日に文人スタッフと学生3名で相馬への旅を実施しました。

以下旅の概要です。なお、この調査出張の主催は科学研究費補助金基盤(B)「震災復興の公共人類学」プロジェクトです。
福島の問題に関心を持っておられる学生さんに門戸を広げる主旨で行いました。類似の旅をこれからも実施します。ご参考までに今回の旅の概要を残します。

日時: 2014年11月22日&23日(土・日)

日程:
<第1日目>
グループA 
東京出発
ex) やまびこ127号 東京(8:08)発→福島(9:46)着
福島駅(10:00集合)→南相馬市(12:00着)

グループB 
つくば市発 (武田先生の車)
常磐自動車道、国道6号を経て道の駅へ

昼食(道の駅食堂かその近辺のレストラン)(12:00-13:00)

以下、A&Bは同行
南相馬観光協会ボランティアによるツアー(13:00-16:00)
福島市リッチホテル帰着18:00
科研費プロジェクトの進捗状況の共有・夕食など

<第2日目>
福島リッチホテルチェックアウト(8:00)

福島県新地町公民館 (10:00)
村上美保子さんによるお話と紙芝居見学(10:00-12:00)
昼食(12:00-13:00)

グループA
新地町出発(13:00頃)、八木沢峠、飯舘村を通るルートで福島駅へ戻る
福島駅着(16:00)
ex) やまびこ216号 福島(16:23)発→東京(18:16)着

グループB (武田先生の車)
国道6号、常磐自動車道を通ってつくばへ帰る。

参加メンバー([敬称略]):
武田(筑波学院大学)、箭内(東大文人)、田部(Trinity Bridal Studio)、田中(文人・博士)、カルピニスカ(文人・博士)、楊(GSP)、関谷
Comments