公募情報(2017年4月着任予定)

 東京大学文化人類学研究室は、公式には、大学院レベルでは「大学院総合文化研究科超域文化科学専攻文化人類学コース」、学部後期課程レベルでは「教養学部後期課程教養学科超域文化科学科文化人類学コース」の位置づけになります。

 今回の公募ポストは、(1)大学院および後期課程において文化人類学専攻の学生を指導する立場にあり、また、(2)学部前期課程(1・2年生)でスペイン語教育を担う立場にあるポストです(前期課程での所属はスペイン語部会)。具体的には、文化人類学または隣接人文・社会科学を専攻分野とし、ラテンアメリカまたはスペインを研究地域とする方々に応募いただきたいと考えています。

※この公募情報は東京大学大学院総合文化研究科のホームページにも掲載されています。http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/employment/20160415235000.html


★公募の内容の詳細については、下の「公募要領」をご覧ください。
(右側の下向き矢印でダウンロードできます)。

・自薦の場合、必要書類は以下の9件になります(詳細は公募要項を参照)

1) 履歴書(東京大学統一履歴書を以下の URL からダウンロードして作成してください)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/per01/r01_j.html
2) 最終学歴を証明する書類(コピー可。学位取得予定者の場合、その旨を証明する所属長もしくは指導教員の文書を添付すること)
3) 研究業績リスト(学術論文、著書、学会発表等に分類。主要業績5点に〇を付けること)
4) 上記主要業績5点(各1部、コピー可) 業績については追加提出を求める場合がある。なお、スペイン語で書かれた論文については、日本語でA4用紙1枚程度の概要をつけること。
5) これまでの研究の概要と今後の研究計画(日本語で2000字程度)
6) 教育に関する抱負(日本語で1000字程度)
7) 大学院演習授業を想定した場合の、一学期13回の授業のプラン例(扱う文献情報等も含む、A4版1~2頁)
8) 応募者について照会できる2名の氏名、所属、連絡先
9) 仮にご採用できなかった場合、ご返却すべき著書・論文のタイトル
※以上の3)〜9)はA4サイズの用紙に見やすい形でおまとめ下さい(レイアウトは特に指定しません)。

・この公募では他薦も可能です。詳細は下にある公募要領のPDFファイルをご覧ください。
★公募期間
 2016年3月1日〜4月15日(必着)
※書類選考の上、面接等第二次選考を行います。面接の際、模擬授業を行う場合があります。第二次選考に要する交通費などは自己負担とします。

★問い合わせ・連絡先メールアドレス(公募専用)
東京大学文化人類学研究室 箭内匡 宛:
 email: koubo2016 [at] anthro.c.u-tokyo.ac.jp  
 ※お手数ですが ” [at] ” を@に変えてお送りください。

★東京大学文化人類学研究室事務室: 
 〒153-8902  東京都目黒区駒場3-8-1 
 東京大学駒場キャンパス14号館 
 電話 03-5454-6117

★ふるってご応募ください。
Ċ
東京大学文化人類学研究室,
2016/03/01 18:22