東京大学文化人類学研究室は、1954年に設置された歴史ある文化人類学の研究室であり、大学院(修士・博士課程)および後期課程(学士課程)において、長く文化人類学およびその隣接分野の教育を行ってきました。研究室の組織的な位置づけは以下の通りになっています。

大学院
東京大学大学院 総合文化研究科
超域文化科学専攻 文化人類学コース

学部後期課程(3、4年生)
東京大学教養学部 教養学科
超域文化科学分科 文化人類学コース

cultural anthropology - the university of tokyo

本ウェブサイトの固定アドレスは http://www.anthro.c.u-tokyo.ac.jp/ です。英語サイトのアドレスは http://eng.anthro.c.u-tokyo.ac.jp/ です。

【図書室からのお知らせ】

  • 図書室からのお知らせ 年末年始は下記の期間閉室します。12月26日(木)~1月7日(火)        
    投稿: 2019/11/24 18:40、文化人類学事務室
1 - 1 / 1 件の投稿を表示中 もっと見る »

【研究室からのお知らせ】

  • 大学院入試説明会-追加代替措置のお知らせ 去る10月12日、台風19号の影響で中止になった大学院入試説明会については、8日後の本日(10月20日)、10月12日の予定に従った形で実施されました。ただ、日付の変更で来られなかった方もおられると思いますので、メールでのご連絡にも対応いたします。「アクセス・連絡先」のページ(左をクリックしてください)をご覧になり、文化人類学コース(修士課程ないし博士課程)での学習・研究について質問のある方は「文化人類学研究室事務室」のところにあるアドレスに、また、本コースの教員個人に向けての質問がある方は、同じページの「教員のメールアドレス/ウェブサイト/研究者情報」のところにあるアドレスに、メールでご連絡ください ...
    投稿: 2019/10/20 6:52、東京大学文化人類学研究室
  • 大学院入試説明会(代替措置)のお知らせ(2019.10.20) 台風19号の影響で中止となりました大学院入試説明会の代替措置として、2019年10月20日(日)14:00から、東京大学駒場キャンパス18号館ホールにて、文化人類学コースが所属する「総合文化研究科 超域文化科学専攻」の大学院入試説明会(修士・博士)を開催することとなりました。超域文化科学専攻の全体説明のあと、コース毎(文化人類学コースのほか、表象文化論コース、比較文学比較文化コース)に分かれます。文化人類学コース志望者の方々には、文化人類学コースのスタッフからの説明のあと自由に質問していただきます。また、全体の質疑応答のあと、文化人類学コース教員への個別の質問もできます。入学(修士・博士)をご希望の方は ...
    投稿: 2019/10/17 4:53、Koji TSUDA
  • 【緊急通知】大学院入試説明会中止のお知らせ 2019年10月12日(土)に予定されていました大学院入試説明会は、台風19号の接近に伴い交通機関等に影響が出るおそれがあるため、中止となりました。なお、今後の開催の有無等につきましては、決定次第情報を掲載いたします。※総合文化研究科のお知らせページ http://www.c.u-tokyo.ac.jp/admission/news/grad/20190701145655.html
    投稿: 2019/10/09 23:57、Koji TSUDA
  • 大学院入試説明会のお知らせ(2019.10.12) 2019年10月12日(土)14:00から、東京大学駒場キャンパス18号館ホールにて、文化人類学コースが所属する「総合文化研究科 超域文化科学専攻」の大学院入試説明会(修士・博士)が行なわれます。超域文化科学専攻の全体説明のあと、コース毎(文化人類学コースのほか、表象文化論コース、比較文学比較文化コース)に分かれます。文化人類学コース志望者の方々には、文化人類学コースのスタッフからの説明のあと自由に質問していただきます。また、全体の質疑応答のあと、文化人類学コース教員への個別の質問もできます。入学(修士・博士)をご希望の方は、ぜひいらしてください。※総合文化研究科のお知らせページ http ...
    投稿: 2019/08/24 1:42、東京大学文化人類学研究室
  • 新刊紹介『復刻 共栄報 1942~1945』(津田浩司監修・解題) 本研究室スタッフの津田浩司が監修した『復刻 共栄報 1942~1945』(漢珍数位図書/ゆまに書房, 全32巻+別冊1)が2019年3月に刊行されました。『共栄報』は、日本軍政下のジャワにおいて継続的に発行されていた華僑向けとしては唯一の日刊紙であり、華語(中国語)版とマレー語(インドネシア語)版とから成ります。これまで謎に包まれてきた1940年代前半のジャワの華僑社会の動向を知るうえで極めて貴重な資料です。別冊には詳細な解題が収められていますので、あわせてご覧ください。詳しくは監修者のページおよび出版社のページをご覧ください。
    投稿: 2019/05/04 19:09、Koji TSUDA
1 - 5 / 31 件の投稿を表示中 もっと見る »